コイモミジ

0


    あっという間の4分間だった。
    小さい会場だから、毎回独特の緊張感がある。

    一度踊ると、もっともっと!って気持ちになるなぁ
    もう一回踊りたかった!


    そんでもって夜はコレ矢印上

    初、中野サンプラザ!

    バンドの皆さん素敵だったゆう★
    かっこよくて洒落てておもしろくて美しい。
    う〜〜〜〜〜ん凄い!!!


    ちなみに初のCKBライブは先月のFRIDAY♪


    声の業界の役者さんスタッフさんたちの中に
    CKBファンの人たちがたくさんいて、便乗させてもらったにた

    後輩のひろこちゃんと、
    ディレクターの久保さんあひょうパンダ

    ホールツアーのステージとFRIDAYは全っっ然違った!!
    う〜〜〜〜んkyu

    う〜〜〜〜〜ん矢印上矢印上
     

    フカガワ

    0
      衆院選の日曜日、

      一年ぶりの新舞踊発表会でした。


      踊ったのは「深川情話」という曲。

      江戸の遊び場、深川。
      「意気」な辰巳芸者のまちだったそう。
      主なお客は木場の材木集積場で働く職人気質の男たち。
      猪牙舟を漕いで深川へ赴く。



      男風な芸名で、羽織りをはおった芸者衆って
      どんなだったんだろう?


      そんな深川の芸者が、
      惚れた男に思いを募らせる歌。

      夏の川風、十三夜。
      深川育ちの勝ち気な女が、
      頬を濡らして思い忍ぶ。



      まだまだ色気が足りず粋な芸者としては踊れないから、
      娘としての踊りにしかならなかったけど、

      人様に見ていただく板の上で
      少しばかし江戸の風を感じられたかな。


      踊りもお芝居と一緒、
      一振り一振り心を込めて。

      技術がないし拙い分、
      もうほんとそれに尽きる。




      フカガワジョウワ

      0
        新舞踊は、ちょっとずつ、
        1年に1曲しあげるっていう
        か〜なりゆっくりペースで続けている。
        もう7年くらいになるのかな。

        最近始めた新しい曲「深川情話」は、
        扇子じゃなくて団扇を使うの。

        自宅で練習する時に困ったのは、うちには団扇がないということ!!
        団扇なんて使わないわーぃと思って捨てちゃったんだよね。
        とっておけば良かった・・
        そんな場所取るもんでもないのに悲しス。

        ということで、団扇の代用品を作成↓↓


        材料:通販で届いた空き箱、割りばし1本、両面テープ、ホチキス

        工作成功にた
        これで練習できる〜

        オドリ

        0

          すごく久しぶりに、
          もしかしたら1年半ぶりぐらいに新舞踊のお稽古をつけてもらったの


          体が覚えている動きもあれば、

          忘れている感覚も。

          振りをその場で集中して覚えるのも久しぶり。

          やってないと鈍るなぁって実感した

          思えば、
          着物もずいぶん着ていない


          冬は寒いから、夏は暑いから、

          と言っておっくうになりがちだけど、

          春になったら着たいなぁ。着よう。

          着付け、覚えてるかな・・

          春には桜も咲くしネ


          オードリオドレ

          0
            昨日は一日中踊りを見てた。

            久しぶりに舞台そでで過ごした。
            楽しかった



            舞台裏の光景。



            豪華な背景を、うわ〜〜って言ってる間に入れ替える大道具サマ。

            日舞って1曲ずつ背景を変えるから、

            20分くらいおきに緞帳の裏でドンカンドンカン突貫工事なのね。

            すごい勢いででっかい背景の板を入れ替え、

            木を入れ、花を咲かせ、紙ふぶきを掃除し、

            めまぐるしい〜〜〜っっ




            そして、

            拍子木を打って舞台進行を担当する狂言方(きょうげんかた)サマ。


            幕が開く前、幕が降りる時、幕間、

            ワタシのアナウンスのきっかけも

            ぜ〜んぶ狂言方のオジサマの合図で進行してく。


            ホンモノって雰囲気だった〜


            拍子木のカンッって音、

            気持ち良い




            あとは早替え。

            「藤娘」の曲中で早着替えがあるんだけど

            その様子を舞台裏のすみっこで見てて


            「あの長〜い間は一旦着物脱いで着なおしてるからなんだ」って分かった。

            この時は、

            衣装さん、かつら屋さんが勢ぞろいするから

            ニギニギした舞台そでになってた。


            にしても

            現代人にあの間は長い。待ちくたびれちゃうぅ

            舞台上で一気に着物が変わる「引き抜き」の方がスキ!

            ウワッて盛り上がるもん〜〜




            あと忘れちゃならない、後見(こうけん)サマ。

            舞台上で踊り手の後ろで小道具を渡したり、衣装を変えるのを手伝ったり。


            するする〜って舞台に上がって

            ぜったい邪魔にならないたたずまいで、

            カラダちっちゃくたたんで

            お手伝いする。


            これまたスゴイお仕事だわ

            カッコヨイ!!





            舞台に出る前の踊り手さんのキリっとした表情、

            舞台から降りてくる時のホッした表情を見て思った。


            舞台の板の上に上がるってことは

            ホントに特別なコトなんだよネ。



            板の上には神様がいる、

            そう感じた1日だった


             

            新緑の季節。
            さわやかな水色の着物

            0

              「和」に触れる機会が多いこの1週間



              甲斐田裕子サマが出演する若柳流の日本舞踊の会を観に行き、

              平成中村座で歌舞伎を観劇し、

              今週土曜日にはとある流派の日本舞踊発表会のお手伝い。


              お手伝いと言っても影ナレーション

              それぞれの曲の内容をアナウンスするの。


              どんなドラマを描いてるのかを聞いて観ると
              よりいっそう踊りが楽しめるというもの


              原稿をいただいて読んでみると、

              日本舞踊って昼ドラ並みにドロドロしたドラマを描いてるのネ。


              ココまでとは・・・知らなかった!!


              怨念、執念、妄執



              韓国ドラマにはそういう展開が多いから国民性かしら〜〜と思ってたケド、

              日本舞踊も全然負けてない



              ソレを知ってますます
              発表会本番が楽しみになってきたワ


              どんな踊りが見られるのかな



              そして当日は着物を着てゆく。
              久々の着物、一人でちゃんと着られるかどうだか


              コマヤカサ

              0

                踊りのお稽古。


                今日の発見


                踊りの美しさは

                表現の細やかさデアル。


                右手を下すっていう動き一つとっても


                ただ下ろすのと


                会えない思い人に
                「いつ迎えにきてくれるのよ、もうっ」
                ってキモチで下ろすのと

                さらにその時、指がぴっと揃ってのびてるのとは


                全っ然違う


                そんな先生の踊りは

                美しい〜〜〜



                一つ一つの動きを

                繊細に、細やかに。


                お芝居も同じね。




                振付の順番と流れとドラマを覚えた今、


                ここからが

                難しくて果てしない世界なのだワ



                ホシコ、突入します


                | 1/1PAGES |

                calendar

                S M T W T F S
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                2627282930  
                << November 2017 >>

                ★11/24ライブチケット
                予約フォーム


                ご予約はこちらから♪ https://goo.gl/forms/9ADySzjCUEblHOvw1

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM