「麦秋」(午前十時の映画祭)

0

     

    小津安二郎「麦秋」(1951年公開)と、

     

     

    こういうCGバリバリの作品を、

     

    同じ映画館で観られるんだから、今はすごい時代だと思う。

     

     

     

    「麦秋」とても良かった。

     

    いつまでもこうしてみんなでいられたらいいけど、

    それはできないことだっていう父親の台詞が、

    この映画のテーマだと思う。

     

    ほんとそう。

    今が一番良いときなんだわ、って。

    いつまでもみんな一緒に、ってないんだよね。

    家族でも、友達でも、仕事場でもなんでも。

     

     

    原節子さんの笑顔の威力が凄かった。

    彫刻のように美しかった。

    きっぱりした台詞も、爽快で気持ち良かった。

     

     

    あといっぱいクスクス笑えた。

    色々おもしろかった。

     

    こどもが4斤くらいある食パン蹴ったシーンは思わずギャッて声あげちゃった0口0

    もったいない!

    食パンは蹴ったらダメよー!


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.11 Friday
      • -
      • 23:05
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM