スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.06.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ドトウ

    0
      いろんな種類の作品を見た6日間だった

      一気に吐き出すゾ。



      5/25 @モーションブルー横浜
           モヒカーノ関Latin Jazz8重奏団&やまもときょうこ

      5/26 @セルリアンタワー能楽堂「能に親しむ 観世流」

      5/27、28はアフレコのお仕事の作品。まだナイショ。

      5/29 映画「アマデウス」

      5/30 映画「阿修羅のごとく」
          
          文学座アトリエ公演
          「NASZA KLASA ナシャ・クラサ 私たちは共に学んだ 歴史の授業・全14課」


      刺激たくさんもらって、
      いろんな気持ちが巻き起こったワ。

      何からどう書いていいやら。



      久しぶりにボーカルのやまきょ先生のライブ。

      ワタシの好きな「Romeo y Julieta」聞けたし、
      知ってる楽しい曲がいっぱいで盛り上がった〜

      あんな風に歌えるようになりたいなぁ




      お能。演目は「安達原」。

      その前に観世流の関根詳六サマが解説する、

      お能の作品の中に出てくる名言のいろいろ。


      その関根さんが解説しながら合間にその文句を歌ってくれたんだけど
      とても素敵だった


      一つだけ紹介すると、

      「せめて今はまた 初めの老ぞ恋しき」 (「関根小町」から)


      60歳になって年を取ったなぁって思うけど、
      50歳の頃に「年取ったなぁ」って思った感覚はまだまだ若かった。

      70歳になって年を取ったなぁって思うけど、
      60歳の頃の「年取ったなぁ」の感覚はまだまだ若かった。

      これからもそうやって年を取って、死んでいくんだなぁ・・


      って80代のおじいちゃまがお話してくれたのが

      なんだかじ〜んときちゃって

      お話中終始うるうるしてた。




      「安達原」は、

      旅の途中の修験者一行に宿を貸してくれた老婆が鬼に化ける話なんだけど、

      鬼に変わったトキの般若の面と舞と、
      地謡の皆サマ総勢8名の声の迫力がすさまじかった


      ドラマチック!

      お話が単純だし、展開を覚えてから行ったから
      すごく楽しめた




      あとは映画「アマデウス」ね。

      天才音楽家モーツァルトと、凡人宮廷音楽家サリエリ。

      モーツァルトの近くにいて、

      その才能にとにかく憧れ、嫉妬し、憎み、

      でも彼の音楽を圧倒的に心酔した男の苦悩。


      苦いキモチでいっぱいになった。

      憧れと嫉妬。

      芸の世界にいるからにはね、あるよネ、そういうこといっぱい。


      そこから解き放たれることなく苦しんで、

      最後は自分の首を切って、でも死ねずに生き続けたサリエリ。


      観たあとには、寂しい苦いキモチがズゥゥンっと襲ってきたヨ。




      映画「阿修羅のごとく」はあんまりだったなぁ。

      説明的すぎて、ドラマの中にキモチが入っていけなかった。


      でもいっこだけ、

      正妻・桃井かおりサマが愛人・大竹しのぶサマの家に押しかけて
      「旦那を出せ〜」ってシーンは面白かった




      そして

      文学座「NASZA KLASA」
      作:タデウシュ・スウォボジャネク

      読める?タデウシュ・スウォボジャネク。



      舞台はポーランドの小さな村。時代は1920年から現代。

      ポーランド共和国時代に生まれて、

      一緒に学んだ同級生の10人の男女が

      その後どんな人生を送ったか。


      ヒトラー率いるナチス・ドイツ軍とスターリン率いるソ連軍の両方に占領された時代があって、

      ユダヤ人大虐殺があって、

      ドイツ軍がソ連に負けて撤退してまたポーランド共和国に戻って、、、


      大きな時代の流れにむちゃくちゃぐちゃぐちゃに翻弄される人間の姿を描く、

      10人の群集劇。



      すごかった。すさまじい人生。

      生きるってなんなんだろうって

      ため息ついちゃう。


      日本初上演の作品。

      さすが文学座サマ!圧倒されたワ〜〜



      ふうっ。
      全部、吐き出したっ!

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.06.05 Wednesday
        • -
        • 21:01
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM