イノセントピープル

0

    劇団昴サマ公演
    「イノセント・ピープル」初日を観てきた


    すごい2時間を過ごさせてもらったよ。
    はぁっ。ため息。


    今回の公演は再演なのだけど、

    その内容は副題を見ると一目瞭然。


    〜原爆を作った男たちの65年〜

    ね。


    アメリカのニューメキシコ州ロスアラモスっていういなか町の研究施設で

    原子爆弾開発に従事した科学者が主人公。

    科学者、数学者、軍人、医者、看護師。

    20代のアメリカの若者たちが歩んだ第二次世界大戦後のお話。


    描かれる時代は1945年から始まって

    最後は2010年!めちゃ長いスパンのドラマ!


    これをお芝居にした作家の畑澤聖悟サマ。

    そして演じた役者サマ。

    圧倒されたワ。



    初演は2011.3.11の前なんだって。

    ワタシは今回初めて観たんだけど、

    あの地震の前と後では、演じる側も観る側も原子力の開発について

    感じ方が違うと思うの。

    だからこそ、いま再演されたのかなぁと想像したり。



    最後のカーテンコールで、わたし、

    「日本の新劇は今これだけのものを見せまっせ!!!」
    っていうパワーを感じた


    池袋あうるすぽっとで2/3(日)まで


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.10.26 Monday
      • -
      • 19:34
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM