タイ

0

     

     

    上野、東京国立博物館・平成館に、

    「タイ〜仏の国の輝き〜」を観に行ってきたサキ

     

    7、8世紀の頃の仏像が

    涼やかでハンサムな顔立ちばかりで

    驚いた。

    まるで少女マンガのような美しさ。

     

    8世紀プレ・アンコール時代の菩薩立像は

    ものすごく美しくて、

    一度だけでは飽き足らず何度も見に戻っちゃった。

     

     

    14世紀、スコータイ時代に入ると

    顔がまったく違う。面長でやわらかい感じ。

     

    共通しているのは、微笑み。

     

    美しかった。

     

     

     

    7世紀の人が作った仏像の有り様が

    現代の感覚と近いことに驚いたんだけども、

    人類の歴史、生物の進化の大〜〜きな流れの中では

    7世紀も21世紀も、まぁそれほど違わないのかもしれない

     

    と納得。

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.12.05 Tuesday
      • -
      • 15:46
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM