トクダシュウセイ

0

    ここ数年、

    地元出身の作家や文化人について知ろう、

    というか知らないと恥ずかしいと思うようになりました。

     

    そんなことで去年は

    鈴木大拙館と室生犀星記念館へ。

    あとは先輩役者さんから金沢出身の画家 鴨居玲を教えてもらったり。

     

    そして今年のお正月、

    徳田秋聲(とくだしゅうせい)記念館に行ってきたサキ

     

     

     

     

    北陸新幹線のおかげで盛り上がり続けている金沢で

    一、二を争う観光名所 東山茶屋街にある。

    ここから歩いてすぐ。金沢のホットスポット矢印上

     

     

    館の二階の一角からは

    浅野川の穏やかな流れを眺められる休憩スペースも。

     

     

    明治維新後の混乱期に金沢で生まれ、

    貧しく病弱な幼年時代を過ごした徳田秋聲。

     

    「金色夜叉」で有名な尾崎紅葉の門下になったのちに

    日常をありのまま描く自然主義の作家として確固たる地位を築いた、と。 

                 

     

    正直、室生犀星と泉鏡花は知ってたけど

    徳田秋聲はほとんど知らなかった!マジで

     

    確固たる地位を築いたのに、なんて目立たないんだ・・

    「縮図」は新藤兼人監督が、

    「あらくれ」は成瀬巳喜男監督が映画化している・・

    主演女優は高峰秀子さん・・

    なのに、全然知らなかった!マジで

     

     

    実は、学生時代の友人をきっかけにこの記念館を訪れたんだけど、

    それがなかったら秋聲さんを知るのはもっと先になっていたかもクッキーモンスター

     

     

     

    館内ガイド(無料ニコ)をお願いして、

    彼の人となりや小説家になるまでの経緯、泉鏡花との関係(にやり)、

    作品の中に描かれた女性像、などなどいろいろ聞いて

    とても充実した時間を過ごせたにた

     

    秋聲さんは

    「女性を書かせては神様」とさえ言われた作家なんだって。

    幼少期を東山茶屋界隈で過ごしてお茶屋の女性たちを身近に見ていたから、

    という解説は興味深かった。

    ませた少年だったのかしら。

     

     

    そんなわけで

    物販コーナーで秋聲さん41歳の作品「黴(かび)」を購入した。

    菌類のかびは黴って漢字なのね。

    アンパンマンの「かびるんるん」は「黴るんるん」なのね。

     

    黴、なんという作品名だ。

    これは妻「はま」との日常生活を描いて高い評価を受けた代表作。

    それ以降も身近にいる女性(つきあった人とか親戚の人とか)をモデルに小説を書き続けたそう。

    そして、とにかくたくさんたっくさん作品を書いたそう。

     

    付き合ってた人にあとからあの時どうでこうでと書かれるのは・・

    どうなんでしょう。

    でも、男前で物書き然とした佇まいの写真を見ると、

    そんなところも含めて魅力的だったのだろうかと想像しちゃう。

     

     

     

    金沢観光で東山茶屋街に行った際には

    ぜひ徳田秋聲記念館へも足を運んでくださいましゆう★

     


    ヒャクニンゥイッシュ

    0

      お正月に百人一首。

      ものすごく久しぶりに百人一首をした。

       

       

      家族で山代温泉へ行き、

      夜にみんなで百人一首。

       

      学生時代の宿題で覚えた以来で、

      ほとんどすっこーんと忘れていたけど、

      「天の原・・・」の読みには白熱した試合になったりもして楽しかった。

       

       

       

      正月に百人一首は、かなりおススメ!!

       

       

      去年クリスマス会でUNOをやった時にも思ったけど、

      カードゲームって今でもかなり楽しめるものだにた

       


      ガンジツ

      0

        あけましておめでとうございます。

         

         

        暮れから仕込んだお節とお屠蘇で、

        2017年の食べ始めをしました。

         

        おとそは「お屠蘇」と書くことは

        今朝知りました。

         

        さらに、

        お屠蘇はただの日本酒をではないことも今朝初めて知ったんだけど、、、

        もはや後の祭り。

        屠蘇器で地元のお酒「黒帯」を美味しくいただきました。

         

        お正月は年に一度しか使わない特別な器で食事をいただくから、

        器の大切さを改めて感じる。

         

         

         

         

         

         

        一歩ずつ、着実に。

        今年も芸道に励みます。

         

         

        おまけ。父と。


        イチノトリ

        0

           

          今年もこの季節がやってきたキラキラ

           

          今年は、ずっと欲しかった白い梟が乗った熊手を購入矢印上

          初フクロウ!!嬉しい!!

           

          フクロウは

          「不苦労」、「福来」、

          首がよく回るからお金に困らないっていう縁起物。

           

          フクロウをはじめとして、

          熊手には縁起物がわんさかわんさかき

          そ〜れわっしょいわっしょい〜

           

           

          家内安全・商売繁盛の手締めをしてもらって、

          いただいた熊手を掲げて新宿花園神社をあとにしたのでありました。

           

           

          それにしても、

          11日(金)15時ころの花園神社はまだまだ空いていた。

          去年浅草おおとり神社へ、やっぱり平日午後の早い時間に行った時は

          既に大行列でお参りするまでに結構並んだ。

          浅草の人出は特別ということなのか・・・

          花園神社も、夜はきっと大賑わいだったことだろうなにた

           

           

          今年の酉の市は11/11と23(祝)の2日。

          諸々の都合を考え、

          さらに11日の仕事の合間の移動にちょう〜〜ど便利な立地が新宿三丁目だったから花園神社に行ったけど、

          次はまた浅草酉の市に挑戦してみたいなあひょうパンダ

           

           


          クロベ

          0

             

            そう、

            黒部ダムに行ってきた。

             

            新宿〜(特急あずさ3号)〜信濃大町〜(車)〜扇沢〜(トロリーバス)〜黒部ダム!

            新宿から7:30に出発して、信濃大町でお蕎麦を食べて、ダムに着いたのが13:45。

             

            6時間かかった!

             

             

            はるばる遠い地へ来たものよ〜〜

             

            黒部ダムは

            地下200m、高さ186m。 

            こんな山深い地にこんな巨大なダムを造ったなんて驚愕だ。

            「モーレツ」だわ。

             

             

            黒部ダムの堅固さも驚きだったけど、

             

            それよりやっぱり

            黒部川の水の豊かさとか、

            あずさ号の車窓から見える山々の稜線の美しさ、

            田んぼの黄金色、

            空の広さに、

            心がしんとする思いになった。

             

             

             

            こういう場所に行って戻ってくると、

            東京ってほんっっっとに密集してる。

             

            あずさ号で新宿に帰ってきた時の新宿東口の靖国通りの眩しさったらなかった。

             

             


            エンゲキハクブツカン

            0

               

              早稲田大学の演劇博物館に行ってきた。

              在学中には一度入ったことがあるかどうか・・というくらい印象がなかったけど、

              行ってびっくり。

              貴重な資料がいっぱい詰まった空間だった矢印上

              しかも入館無料。

              これを無料で見られるなんて贅沢よ!

               

               

              まず外観からしてすごい。

              いまから400年ほど前のシェイクスピアの時代の劇場と同じ設計で作られた建物。

              「変わった建物だなぁ〜」くらいにしか思ってなかった。恥ずかしい。

               

              正面の2本の柱のある空間が舞台で、

              客席は建物の前の広場。

              16世紀当時、一般のお客さんは舞台の前の芝の上に立って観てたんだって。

              そして舞台を見下ろす形で左右に桟敷席があった、と。

               

              冒頭でこんな話をボランティア解説員の方に聞いて、

              もうそこから16世紀のロンドンにタイムスリップよゆう★

               

               

              坪内逍遥の古希と「シェークスピヤ全集」の完成記念で作られた、この演劇博物館。

              彼が人生を懸けて残したものの偉大さに圧倒されっぱなしだった。

              教育者で研究者で作家で翻訳家で、演劇学校を設立し、浮世絵にも造詣が深い。

               

              なにより早稲田の文学部を作ったのは坪内先生だったという・・

              わたし文学部だったのに・・・忘れてた。もうずっと恥ずかしい。

               

               

               

              常設展示は

              西洋の演劇から日本の演劇の起源〜歌舞伎・能・文楽〜現代演劇まで

              ぎっっっしりつまってる!!

              面白かったし勉強になった!

               

               

              さらに、

              今やっている企画展示は「落語とメディア」。

              観に行ってよかった〜〜〜

              この展示も面白かった。

               

              最近、

              先輩に教えていただいて、

              youtubeで小沢昭一さんのラジオや

              戦後の落語に関する話を聞いてたからすごくタイムリーだった。

               

              とくにこの展示の中で衝撃的な映像に出会ったの。

              その画面の前で足が止まって、

              何度も何度も見てその度にくくくっと笑えてしかたなかった。

               

               

              それは、柳家金語楼さんの味の素のテレビCM。

              金語楼さんがどアップでいろんな笑い方をしてるCM。

               

               

               

              もう、

               

              もう、

               

              表情が秀逸でめっちゃくちゃおもしろい!!!!

               

               

              なんて表現力豊かな笑顔。

              すごいわ。本当にすごい。

               

              CMの中のそれぞれの笑顔を見ながら、

              「この笑顔を言葉で説明するとしたらなんと言うだろう」と思って見てたんだけど、

              CMの最後に味の素を手に持ってる笑い顔がね、

              言葉になんてできないの。

               

              すっごくふくよかでたまらない笑い顔なの。

               

               

              いいもの見たわ。

               

              「落語とメディア」は来年1/18まであひょうパンダ


              ザクロジュース・ビリヤニ

              0

                美容と健康のために毎日飲んでいる、

                アゼルバイジャン産のザクロジュース「jale」サキ

                砂糖や添加物を使ってない、ストレート果汁100%ジュース。

                ザクロザクロしたパンチの効いた味手

                 

                飲み始めてもうすぐ1年経つけど、

                風邪を引かなくなった。ザクロのおかげだと思う。

                免疫力アップ!

                 

                 

                そのjaleのザクロジュースを煮詰めて炭酸で割った

                ザクロスカッシュき

                グラスの下の方が色が濃いのは、

                煮詰めたザクロがシロップ状になってるから。

                 

                少しずつ溶かしながら飲む。美味しい。

                 

                 

                阿佐ヶ谷「南天茶寮」さんであひょうパンダ

                http://r.goope.jp/nantensaryou/top

                 

                夕飯に、

                秋刀魚のビリヤニをいただいた。

                 

                ビリヤニ=インドのお米料理。

                 

                骨までまるごと食べられる秋刀魚とスパイスで炒めたお野菜を

                パラパラに炊いたお米と混ぜながらむしゃむしゃ食べた。

                大好きなパクチーも乗ってたゆう★

                 

                 

                ちゃんと丁寧に作ってるものをいただくと、身体が喜ぶ。

                 

                 


                ダイフク

                0
                  初夏の風景。





                  丁寧なお味のものを頂くと

                  すっごく安心する。



                  豆大福美味しかった(*^^*)

                  フェイク

                  0

                    佐村河内 守さんのドキュメンタリー映画「FAKE」を観た。

                     

                    観てる間ずっと、ぞわぞわして、

                    観終わって、もやもやした。

                     

                    劇場を出た時は映画を観た人としゃべりたくてたまらなかったけど、

                    1日経った今、

                    これ、しゃべらなくてもいいのかもしれない。と思う。

                     

                     

                     

                    人間って裏腹な生き物。

                    「FAKE」を観て、ますますそう感じた。

                     

                     

                    真実、嘘、それは自分の眼で判断するしかない。

                    100パーセントなんてない。

                     

                     

                    もやもや〜〜


                    ロック

                    0
                      明日はお久しぶりにお会いする方との、
                      楽しみな収録。
                      当時から進化してるな、と思っていただけるかどうか。
                      緊張感と期待感だわ

                      あと、
                      もうしばらくしたら告知できそうな新作海外ドラマの吹替のお仕事があったり、
                      ちょこちょこと動き出す予感。


                      さて。
                      話変わって、
                      昨日何年ぶりかに新宿のルミネtheよしもとで
                      お笑いライブを観てきたサキ

                      お目当ては、
                      新喜劇の辻本さん&アキさんのスペシャルコントゆう★

                      ひと月前くらいから吉本新喜劇にハマってて、
                      これは東京で生で見られるチャンス!ってことで行ってきた。


                      平日14時の回だったんだけど、
                      立ち見も出る満員のお客さん。すごい矢印上

                      新喜劇コントは期待通りの大笑いにたにたにた
                      その日一番の大爆笑だったんじゃないかなぁ

                      お決まりのネタを、
                      お決まりの流れでやるおもしろさ。
                      次に何が来るか分かっているのに、
                      もう確実にあのネタ!って分かってるのに大笑いできる。

                      「笑いに行く」って態勢で臨んでるからもあるけど、
                      いっぱいいっぱい笑ったにた



                      マスコミで売れても、
                      お客さんの前でネタをやる場を大事にしている芸人さんをすごく尊敬する。
                      劇場で目の前の人を笑わせられるかが、
                      バロメーターなんだろうなってすごく感じた。

                      笑いも芝居も歌も踊りも、
                      生でどれだけワクワクさせられるかってことにおいては
                      みんな同じ。



                      今年、
                      なんばグランド花月に行くわ!
                      すっちーさんが座長の新喜劇を見たいkyu

                      << | 2/61PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      ★11/24ライブチケット
                      予約フォーム


                      ご予約はこちらから♪ https://goo.gl/forms/ApJvPP3OJ0K8RWbm1

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM